遺品にはさまざまな種類のものがありますが、その中でも仏壇は整理に困ってしまう遺品のひとつです。仏壇という品の特性を考えると、あっさりと捨ててしまうということはできません。どのような方法で整理するとベストなのでしょうか。

 

仏壇

 

遺されて困る遺品のひとつ仏壇

 

遺品として遺された仏壇の整理方法に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

仏壇は仏様を祀っている場所であり、先祖の位牌などもあり、お盆になると供物をし祈りをささげる、日本人として身近なものでもあり、大切にしなければいけないものでもあります。そのため、簡単に捨てるというわけにもいかず、困ってしまうのです。

 

日本間があることが当たり前だった昔の家と違い、マンションなどの集合住宅が多くなった現代では、大きな仏壇を置く場所がなく、引き取りたくても引き取れないなどの理由もあるのです。昔は必ずあった神棚も現代では少なくなりましたよね。

 

祖父母の家にあった先祖代々伝わる仏壇を、ご先祖様に失礼のないよう整理したいという場合、どのような方法をとればいいのでしょうか。

 

仏壇整理に必要なこと

 

仏壇を遺品整理する場合に必要なことがあります。それはこの2つです。

 

  • 開眼供養・・・仏壇に魂を入れること
  • 閉眼供養・・・仏壇から魂を抜くこと

 

仏壇を購入した際、開眼供養をしたのかを確認しましょう。したのであればその仏壇には仏様の魂が入っていることになります。そのため、そのまま仏壇を廃棄することはできません。

 

閉眼供養とは、仏壇に入れた魂を抜く作業となり、仏壇から魂を抜いてもらえば仏壇の処理が可能となります。これらの供養はお付き合いのあるお寺の住職さんにお願いすれば行ってもらえます。

 

魂を抜いた仏壇はただのモノとなるため、廃棄することも可能ですが、大型ごみと一緒に出すには忍びないという人も多いことでしょう。

 

そんな場合は、仏壇専門の処理業者仏壇店に頼むと引き取ってもらうこともできます。