写真は捨てにくい遺品のひとつに挙げられます。亡くなった人の思い出がたくさん詰まったものであり、捨てにくいのもうなずけます。

 

そんな写真を整理したい場合はどのようなことに気を付ければいいのかポイントを見ていきましょう。

 

写真

 

思い出の詰まった写真は捨てていいのか悩んでしまう遺品

 

さまざまな種類の遺品がありますが、中でも写真は整理にとても悩んでしまうもののひとつです。故人の思い出が詰まったものであり、また故人と周りの人との思い出もそこにあります。

 

ですが昔はネガフィルムで現像していたこともあり、大量の写真が残ってしまいます。故人の思い出を保存しておくことも大切ですが、重く保存に困ってしまう写真を引き受けるのは荷が重いという人も多いことでしょう。

 

そんな場合は、デジタル化して身軽に保管しておくことをおすすめします。自宅でもフォトスキャナーがあれば簡単にデジタル化することができますし、画質にこだわらなければ、スキャナーアプリを活用しスマホでもデジタル化することができます。

 

画質にこだわりたいなら、写真館に持ち込むと、1枚数十円程度でデジタル化してくれます。ネット写真館であれば、それよりもさらに安価で請け負ってくれるショップもあるため、探してみるといいでしょう。

 

思い出の写真を捨てていいの?気になる整理方法

 

故人が保管していた写真をデジタル化し、ひとまず思い出の保存はできました。

 

ですが、残った写真の整理方法がまだ解決していません。写真は通常の燃えるゴミに出すことができるだめ、ゴミとして処理しても気にならない人が、それでもOKです。

個人情報が漏れないようにシュレッダーなどにかけることが重要

 

このようなポイントに注意すれば、一般の家庭ゴミに出してもいいでしょう。

 

ですが思い出の写真をゴミとして処理することに抵抗がある場合、お寺や神社などで「お炊きあげ」を依頼するといいでしょう。

 

写真・お守り・お札・ぬいぐるみ・人形など

 

お炊きあげは、このようなものを供養してくれるものです。もちろん数千円から数万円ほどの料金がかかりますが、後悔のないようきちんと心を込めて整理してくれます。