寒い時期、また体調によって、青汁をホットで飲みたいと思うことはありませんか?青汁は粉末タイプのものが最も多く、水に溶かして飲む方法がスタンダードです。

 

もしも熱いお湯で溶かしたら、その効果などに変化が現れるのでしょうか。ホット青汁の疑問について見ていきましょう。

青汁の箱

青汁はホットで飲んでもいいの?

 

青汁は粉末タイプのものが最も多く販売されており、粉末タイプの青汁を飲んでいる人が多いのではないでしょうか。パッケージを確認すると、「水やぬるま湯、または牛乳などに混ぜて・・・」と飲み方の説明が記載されていることがほとんどです。

 

気になるのは、この「ぬるま湯」という部分。寒い時期や体調によっては、温かいホット青汁を飲みたいこともあると思いますが、沸騰させた熱湯ではNGということなのでしょうか。

 

栄養素は熱湯で壊れやすい

 

青汁にはビタミンやミネラルなど、多くの栄養素が含まれていますが、その栄養素の中には水に溶けだしてしまうもの、熱で破壊されてしまうものなどが確かにあります。

 

ただし、長時間ではなく、グラグラと沸騰させたアツアツのお湯でなければ大丈夫だという成分も多いため、沸騰したお湯をしばらく置き、少し温度を下げてから、青汁を作ることをおすすめします。

 

ホットに向いている青汁を選ぶ

 

青汁にはさまざまな種類がありますが、ホット向きの青汁、ホットに向いていない青汁が存在します。

 

加熱・・・ホットに向いている

非加熱・・・ホットに向かない

 

青汁には製造される際に加熱処理された青汁と、加熱処理されていない非加熱青汁に分かれています。非加熱青汁は生絞りや生などの表記がされているものが多いように思います。

 

非加熱青汁は青汁本来の味や栄養素をそのまま楽しめるためメリットもありますが、苦みも強く、子供などにはあまり向いていない青汁のタイプです。

 

この非加熱タイプの生青汁には、酵素が豊富に含まれています。この酵素は熱に非常に弱く、ホット青汁にしてしまうと、せっかくの酵素が壊れてしまうのです。

 

酵素はどれくらい熱に弱いのか

 

酵素が熱に弱いということが分かっていますが、どのくらい熱に弱いのでしょうか。酵素の熱に対する耐性はこのようになっています。

 

  • 50度以下・・・約2時間程度
  • 50度・・・数十分
  • 50度以上・・・数分

 

50度を境に、このような差が生まれていることが分かります。酵素の働きを有効に活用したいのなら、50度以下のお湯、そして早めに摂取しなければならないことが分かります。

 

まとめ

 

青汁は基本的にホットでも楽しめる健康食品です。ですが、非加熱タイプの青汁は酵素の働きを壊してしまうこともあるため、ホットで楽しみたいなら、ホットに向いている青汁を選ぶことが大切です。

 

非加熱タイプの青汁は栄養素が豊富ですが、栄養素を余すことなく摂取するには少しコツが必要です。