故人が絵画にとても造詣がある人の場合、遺品として絵画が遺されいる場合があります。芸術品は素人にはなかなかその価値を判断できないものです。そんな場合の絵画整理方法とは。

 

絵画

 

勝手な判断は避け専門家へ

 

故人の趣味で絵画を集めていた場合、その絵画の価値が分からないまま整理してしまうのは危険です。故人は絵画の造詣があり、目利きできていたからこそ収集しており、素人判断での整理は価値のある絵画を廃棄してしまうなんてことにもなりかねません。

 

かなり高額の絵画の場合は相続税対象にもなるため、ここはやはり専門家に判断してもらうことをおすすめします。出張査定をしている専門店もあるため、連絡してみましょう。

 

こうなっていたらかなりの価値低下

 

絵は年々劣化していきます。これは仕方のないことで、その絵の価値が低下することにつながります。故人が遺した絵画がこうなっていませんか?

 

  • 絵具がひどくひび割れしている
  • カビやヤニ汚れがこびりついている
  • 変形している
  • 紙自体が割れている

かなりの価値が低下しているといってもやはり専門家に一度見てもらうといいですね。

 

有名作家ではなく故人自身が描いた絵画の場合はどうする?

 

故人が絵画収集だけでなく、自身で絵を描くことが趣味であった場合、故人が描いた絵が遺っている場合があります。故人自身が描いたものですから高額なものではありませんが、どのように整理すればいいのでしょうか。

 

そんな場合は、オークションやフリマアプリに出品してみることをおすすめします。せっかく故人が描いた絵を、絵が好きな人がどのように評価してくれるのか、どれくらいの価格が付くのかを試してみるのもいいかもしれません。

 

もしも誰かが購入してくれたら故人の墓前に報告を。きっと故人も興味を持って見守ってくれるはずです。