大切な人が遺していくさまざまなものの中に、骨董品や美術品があります。これらの骨董品は、その整理方法がとても難しいとされているものです。どのような整理方法を行えばベストなのか見ていきましょう。

 

骨董品

 

骨董品や美術品は相続の対象になるの?

 

さまざまな遺品の中に、なにやらお高そうな骨董品や美術品が含まれていたということはないでしょうか。骨董品は愛好家が多いため、取集されていた故人もいらっしゃることでしょう。

 

実は骨董品や美術品は単なる遺品として取り扱うことができない場合があり、その判断がとっても難しいものでもあるのです。

 

骨董品や美術品はまずはその価値を判断してもらおう

 

骨董品や美術品は、品物によってはかなりの価値があるものが存在します。これらはお金に換算することができるため、その価値によっては相続の対象となり、相続税が発生する可能性も。

 

そのため、まずは専門の古美術商などにそれらの価値をしっかりと判断してもらう必要があります。購入価格はあまり問題ではなく、時価価値で判断されます。

 

相続税がかかるのでは?と不安な人も心配する必要はあまりないので安心を

 

骨董品や美術品にどれだけの価値があるか分からず、相続税を支払わなければならないのではないかと不安になる人もいるかと思いますが、相続税がかかる場合はごくまれです。

 

基礎控除額・・・3,000万円+600万円×法定相続人の数

 

このように定められていますので、税金がかかるのは、それらの骨董品が最低3600万円以上の価値がある場合からです。

 

相続の対象にならなかった場合

 

相続の対象にならなかった場合は、ご家族で遺品をどのようにするか話し合いをするといいでしょう。

 

それなりに価値のあるものである場合、買い取ってもらうという方法もありますが、その場合、それら骨董品の価値が十分に分かっている古美術商骨董品専門の買取業者に依頼することをおすすめします。

 

また、地域の美術館や自治体に寄付するというご家族もいるようです。