故人がもしもなにか病気を患っていた場合、もしかすると常用薬を持っていた可能性があります。

 

遺品整理で薬が大量に見つかったということもあるため、整理が必要なのですが、簡単に捨てればいいというわけにもいかないようです。どのような整理方法がベストなのでしょうか。

 

薬

 

薬や医薬品には注意が必要

 

故人の遺品整理の際、生前服用していた薬や医薬品が見つかったという場合どのように整理していますか?薬は本人の病気や症状に合わせ調合や処方されていますので、誰か別の人が飲むのはとても危険です。

 

命にかかわる場合もあるため、風邪薬だから、胃薬だから大丈夫などと思わず絶対に服用しないようにしましょう。

 

では、通常のゴミと一緒に捨てればいいのでしょうか。実は薬などの医薬品を、そのままゴミに出すのはあまりいいとされていません。薬によってはその廃棄方法を薬事法で決められている場合もあります。

 

さらに、ゴミをあさった犬や猫が誤って食べてしまったり、小さな子供がいたずらをして口に入れてしまったりする不安もあります。また、環境を汚染してしまう危険性もあるため、簡単に捨てるのはやめたほうがいいでしょう。

 

どのような整理方法ばベストなのか

 

薬を廃棄する場合は、そのまま捨てるのではなく、安全のためにちょっとした手間をかける必要があります。

 

薬の廃棄方法

 

  • 顆粒や錠剤・・・シートから取り外し、中身が見えないよう封筒や紙に包み可燃ゴミ
  • 軟膏・・・チューブから紙などに中身を出してから可燃ゴミ
  • 目薬やシロップなどの液体・・・布や紙などに吸収させてから可燃ゴミ
  • スプレーなどのエアゾール剤・噴霧剤・・・火気のない屋外に出て容器に表示しているガス抜き方法で中身を出し切ってから不燃ごみ

※外箱、液剤容器、くすりの包装物にはリサイクルのための識別マークが表示されているので、お住まいの自治体の分別方法で廃棄

 

参考:第一三共ヘルスケアくすりと健康の情報局公式HP

 

廃棄できない薬もある

 

薬の中でも廃棄できないものもあります。

 

  • 毒薬、生物由来製剤など・・・指定された特別な方法で処分する必要がある
  • 向精神薬・・・うつ病や統合失調症などに使用される薬は保管方法などに特別なルール、法律がある

 

これらの薬の整理を自己判断するのは危険です。薬をどのように取り扱ったらいいのか迷った時は、かかりつけの調剤薬局に持ち込み相談することをおすすめします。