飼い主が亡くなった後、遺されたペットたちの処遇に頭を悩ませてしまった経験はありませんか?故人が遺した大切なペットができるだけ幸せに暮らせる方法を探したい、そんな時はどのような方法がベストなのでしょうか。

ペット

長生きするペットが増加中。飼い主との別れを経験することも

 

人間と同じく、現代のペットたちは高齢化しています。栄養バランスの整ったフードに、ペット医療の充実、生活環境の変化など、さまざまな要因が相まって、ペットたちはとても長生きになっているのです。

 

そんな時代背景もあり、ペットと飼い主はつらい別れを経験することもあるのです。通常ペットたち動物の寿命は人間よりも短いものですが、動物によっては数十年生きる場合もあり、その飼育には責任が伴います。

 

一人暮らしの高齢の方が、寂しいからとペットを飼育することがありますが、ペットを遺してしまった場合のことをきちんと考えているでしょうか。

 

飼い主の方が先に旅立つ可能性もあります。そんな時、命あるペットたちをどうしてあげればいいのか非常に深刻な問題に突き当たります。

 

集合住宅暮らしが増加している現在、なかなかペットを飼育することが難しいという問題もあり、頭を悩ませてしまうことになるのです。飼い主に先立たれたペットたちを、どのようにしてあげればいいのでしょうか。

 

ペットの行き先

 

  • 代わりに飼育できる家族や知人を探す
  • NPO法人などの動物保護団体に依頼する
  • ペットホームなどに預ける

 

ペットたちの行き先は、大きく分けるとこのようになります。ペットホームなどに預けると当然お金がかかりますので、飼い主であった個人が、ペットのために遺しておいたお金などがあれば、そちらを宛てるようにします。

 

飼い主の義務。生前準備できること

 

飼い主が一人暮らしなのであれば、飼い主の義務として、生前に行っておくおすすめ方法があります。

 

  • ペットへ財産を遺しておく(遺言書)
  • ペット信託(飼い主の死後ペットの世話にかかる費用を準備できる金融商品)
  • ペットと一緒に入居できる老人ホームに入る(飼い主の死後はホームがペットの面倒をみてくれる)