故人が遺していくものは、形あるものだけではありません。中には目に見えないものがあり、故人が亡くなった後に気付いてしまうこともあるのです。それは借金です。

 

遺してほしくない遺品ナンバーワン、借金の整理方法について見ていきましょう。

借金

 

相続したくない遺品。故人に借金があったらどうすればいいの?

 

遺品には遺してくれてうれしいもの、そしてそうでないものがあります。遺してほしくない嫌われものの遺品の中には借金も含まれます。

 

生前、借金がある事実を知らず、故人が亡くなった後遺品整理をしていたら見つけてしまったなどということもあります。そんな場合はどうすればいいのでしょうか。

 

例えば、両親に借金があった場合、いくら実の子供であっても連帯保証人などになっていないのであれば、親の代わりに返済しなければならない義務はありません。ですが、ここがポイントです。

 

両親が亡くなったら相続権が発生する

 

親が亡くなった場合、親の財産は子供が相続する権利を持っています。借金や銀行からの融資など負債も相続することになるのです。借金を相続しなくくてもいい方法はあるのでしょうか。

 

借金を相続しないようにするには

 

相続放棄

相続放棄は、土地や家屋などのプラスの遺産も、マイナスの遺産である借金も、そのすべてを放棄する方法です。相続開始の3カ月以内に家庭裁判所に申し立て。

 

限定承認

限定承認とは、マイナスの遺産をプラスの遺産で清算する方法です。借金が少額の場合、明らかにプラスの遺産の方が多いという場合に用いられます。相続開始の3カ月以内に家庭裁判所に申し立て。

 

注意しなければいけないポイントがあります。故人が亡くなった後に借金が見つかった場合、遺品整理はひとまずストップ。手をつけないようにしましょう。

 

民法第921条1号により、財産のすべてや一部を整理した場合相続義務が発生してしまうのです。まずは専門家に相談を。